自宅療養に備える

自宅療養で失敗しないためのポイント
◆病中病後の栄養補給が不可欠
◆家族にうつさないための改造
◆重症化を防ぐマスクの知恵
コロナウイルス恐怖の根源は、治療薬がないことと治療を受ける病院がないこと。自宅療養すれば家族にうつすし、容態急変に対処ができない。もしも自宅に良い療養設備が有るなら、コロナは普通の風邪である。
医療崩壊が現実となり、感染者を受け入れる病院も医療スタッフも不足気味です。自宅療養を決断しなければならないのですが、家族にうつす心配や重症化の懸念があります。でも、家族をまもりながら健康を回復する方法をとれば、自宅療養はより安全で安心なものになります。
自宅療養ができればコロナウイルスは恐くない

寝室を触媒でクリーンルーム化

ウイルスが家族に拡散しないよう感染者の寝室と家族のトイレと洗面所、感染者が通る廊下をクリーンルーム(細菌やウイルスが増殖しない構造)にする。大きく改造したり高価な機械を入れる必要はありません。安心して自宅療養できるスペースがアッという間に完成です。
寝室をクリーンルーム化

クリーンルーム化の手順

1⃣触媒コートする寝室の汚れ、埃落とし
2⃣寝室の壁・天井・窓に全面スプレー
3⃣カーテン・布団・マスク裏表に噴霧
4⃣パジャマ・枕・ベッド・シーツに噴霧
5⃣電源切ってクーラー内部とフィルターに
6⃣扇風機の羽根、照明器具の裏表に噴霧
7⃣寝室ドアノブ・廊下と手摺りに噴霧
8⃣トイレの全面とお手洗い全面に噴霧
9⃣噴霧場所は空調や扇風機で乾燥させる
クリーンルームが完成
設置費は約10万円(50平方米当たり)

自宅療養するには触媒コート

暗い室内でも触媒作用を発揮するコート材を選んで、自宅療養する部屋の壁や天井、床や窓、カーテン、ベッドシーツをコーティングします。さらにソファーやクーラー、扇風機も丁寧にコーティング。コート面にウイルスが接触するたびに触媒作用が働くのでウイルスは加水分解して減少してゆきます。
寝室をクリーンルーム化

重症化の原因はマスクにある

自宅療養の食事
使い古したマスクには唾液飛沫とともにウイルスが多く絡まっています。そのマスクを通して吸気するということは、マスクに絡んだウイルスを吸い込むことになり、これが気管や肺胞に入って再感染に繋がってゆき、さらなる重症化へと移行してゆきます。

マスクの触媒効果で重症化を防ぐ

家族にうつしたくない、症状を重症化したくないという懸念に対して最善の措置は、マスクにちょっとだけ細工をすることをお勧めします。新しいマスクを用意して内面と外面に触媒コートを施しましょう。呼吸や咳で飛び出したウイルスはマスクに接触して、マスクにコートされた触媒によって加水分解されます。
寝室をクリーンルーム化

自宅療養を効果的にする食事

コロナウイルスを例にすると、病院に入院しても有効な治療法は見つかっていません。ただ重症化したときに、酸素吸入ができるという安心感が病院治療のメリットです。
自宅療養の利点は食事、セレン豊かな食材を選んで十分に摂取しましょう。セレンは大自然に隠されたウイルス駆逐のミネラルです。

大自然の食材でコロナに勝つ

自宅療養の食事

コロナを撃つ8つの食材

美修樂ゴールド原料
コロナウイルスに負けないための食材を大自然から選んで、サプリメント提案しました。抗ウイルスと抗酸化体質をつくること、そして生体に備わるべきセレン酵素・グルタチオンペルオキシダーゼを活性化させるための食材です。これら大自然の組み合わせを広く普及させて、早々にコロナを終息させませんか。

8つの食材でサプリが完成

上記商品について、弊社で小売りはしておりません。OEMでご発注の場合は1000箱以上となります。また、小ロットでお求めされる場合は下記の冬虫夏草専門ショップからお取り寄せください